ないと困る!スマホの修理を早急にしてもらえる所

>

サードパーティを使う

この記事をシェアする

短時間で解決!サードパーティ

急増するスマホ修理サービスの需要の受け皿として現れたのが、サードパーティ、即ち第三者の修理店(非正規店)です。
全国におおよそ1500店舗あると言われているこれらの店舗のメリットは、何と言っても、安さと速さです。非正規ですので、修理に使用される部品も正規品でない場合が多く、メーカー等とのやり取りもないのが、その秘訣と言えます。

また、メーカーやプロバイダーが修理事業を独占して需要過剰の状態が維持されたままだと、価格やサービス面でも競争が起きにくいです。こういった第三の修理店が出て来る事で、業界に新風が吹いて活性化されていきます。それも、消費者として嬉しい点の一つです。

一方で、サードパーティ特有のデメリットも存在し、後述します。

サードパーティの内実

まずサードパーティには、登録修理業者と非登録修理業者に分けられます。これは総務省が管轄する登録制度で、クリアする事で国家公認の修理業者になれます。

サードパーティ全体の比率からすると、登録修理業者は決して多くありません。と言うのも、国の基準を満たす為には相応の企業努力が要求されるからです。
修理品質の高さ、適正な修理部品、徹底した管理体制等々……。
その為に必要な出費も少ない額ではなく、経済的にある程度の規模を持った所でなければ、難しいのが現状です。

国や業界は、この状況を通過点と考えているようです。ゆくゆくは製造とアフターサービスは分業化し、現在のサードパーティのような修理サービスが普及していくとされています。その過程で非登録業者は登録業者へと収斂していくようですが、今の所、まだその段階には至っていません。