ないと困る!スマホの修理を早急にしてもらえる所

ないと困る!スマホの修理を早急にしてもらえる所

日本人必須のアイテム

スマホ修理の業界に関してですが、まず、スマホを販売している側にはどんなサービスがあるのでしょうか。 このページでは、メーカーと販売店、及びプロバイダーに大別して、そのサービス内容(所要時間や具体的な案内の内容)を簡単に解説していこうと思います。

サードパーティを使う

メーカーやプロバイダーに修理を依頼するのは、なかなかハードルが高い事が分かりました。ここで注目して頂きたいのが、サードパーティ、即ち第三者という意味の非正規の修理業者の存在です。 非正規故のメリット、デメリットを、以下に簡単に解説していこうと思います。

登録制度について

膨大な時間も掛けずに修理を依頼するには、サードパーティという選択肢が有用なのは前途の通りです。 しかし、非正規ですので、安全面には不安を感じられる方も多いかと思います。事実、信用の置けない業者も存在します。 信用できる業者か否か……このページでは、その見極めのポイントを紹介していこうと思います。

販売側のサービス

apple社よりiPhoneが発売されたのは、2007年の事です。現在、日本ではiPhoneを含めたスマホの普及率は、総務省の発表によれば、国民の半数以上に昇るそうです。
それまで、携帯電話と言えばフューチャーフォンでした。スマホとフューチャーフォンの所持比率は2012年には拮抗し、今やフューチャーフォンを持つ人の割合は、スマホのそれに比べて1/4に値するそうです。携帯端末として、スマホは完全にフューチャーフォンに取って代わり、今やビジネスの場でも欠かせないアイテムとなっています。

スマホは持ち歩いて使う物です。スマホへの依存度の高い現代人であればあるほど、スマホを落したり、ぶつけたりするなどして、傷付けてしまう事もあるでしょう。
あるいはこの頃は、ネット広告がとにかく色んな場所で見受けられますから、ネットサーフィンをしていてうっかり悪いウィルスに感染してしまった……なんてケースも考えられるでしょう。

そんな時に頼りたいのが、スマホ修理業者です。修理業者の数は、非正規を加えても、スマホ利用者に対して圧倒的に少ないと言われています。
メーカーやプロバイダーと言った正規の修理ルート、あるいはサードパーティと言った非正規のルート……双方を利用した場合に、それぞれどういったサービス内容を提供しており、どれくらい時間が掛かるものなのか。

このサイトでは、それぞれのサービスにフォーカスを当てて、解説していこうと思います。